6年生コース / for 6th Grade


中1英数学の先取り(予習)で、中学生になる前に両方とも得意教科にします。 

 

英語はアルファベットから、数学は1ケタの足し算からスタートします。6年生になったばかりでも無理がなく、余裕をもって取り組めます。

 

小さな成功を大きくほめて、やればできる自信と前向きな気持を育てます。

  

 

来年の中学校の授業が復習になるので授業内容が完璧にわかり、テストの問題がスラスラ解けます。

 

中学での学習負担が大幅に減るため、時間とエネルギーを他の教科の勉強に割り当てられます。この結果的、すべての教科ができるようになります。

 

6年生での英数先取りは、中学の学力を全体的に押し上げ、将来の進路選択を確実に増やします。

 

 

 

授業はすべて1対1個別指導です。

 

落ち着いて取り組めるアットホームな雰囲気ですから、習い事が初めてでも緊張することなく、自分のペースでじっくり取り組めます。

 

いつでも質問できますし、こちらからも様子を見ながら積極的に声をかけていきます。照れ屋さん、恥ずかしがり屋さんも安心してください。

 

 

 授業は、中1の教科書と補助教材を使った反復練習が中心で、経験を通して知識やスキル身につけるトレーニング型の授業(アクティブ・ラーニング)です。

  

ゼロから積み上げるため現在の学力は問いません。誰でも安心して始められます。

 

 

英語と数学は同日指導なので通塾回数は週1回です。

 

もしご希望があれば、理科と社会の先取りもできます。この場合は週2回の授業になります。4教科に取り組む方は稀ですが、取り組んだ方には非常に好評をいただいており、今のところ全員400点(実力テスト)を超えています。

  

また、12月までに規定の進度に到達している生徒は、1月から3月まで理科と社会の先取り学習を行います。この分の追加費用はありません。

 

 

今年は、コロナウイルスによって新学期のスタートが遅れてしまいましたが、先取り学習に取り組んでいた生徒たちは、大きな問題もなく順調に自学自習を進めることができました。

 

来年必要になる学力を今のうちに備えておくことは、より大きな安心が得られるだけでなく、予期しない困難を確実に回避できる「学力保険」になります。

 

 

 

 

(原文のまま)

 

・中学校の授業のスピードが早いけど、先どりしていたから「わからない」がなくて、最初の単元テストでは満点をとることができました。

 

・死ぬほど勉強せずにすむ。

 

・小学生のうちに社会を得意にしておけばよかった。

 

・わからない所があっても、いつでも先生に聞けるので安心できる。

 

・英語のフォニックスはやっておいて良かったです。(単語を覚えるのに便利)教科書の丸写しで苦労している友だちを見て、それはちがうと思いました。

 

・勉強のしかたも英語の単語を覚えるのに役立つ。

 

・テストで良い結果をのこせる。

 

・小学校6年に入りましたが、中学校の勉強がよく分かり、楽に進められている。 

 

・自己満足の勉強じゃなくてよかった。

 

・もっとたくさん先取りしておけばよかった。

 

・コロナで学校の休みが長かったけど、授業に遅れずにすみました。

 

・学校の数学の先生の教え方がわかりにくかったけど、自分のやり方でできるからテストは良い点数だった。

 

・英語の勉強がぜんぜん違くておどろいた。塾のやり方で教えてほしい。

 

・理科とか社会(とくに歴史)もやっておけばよかった。