ダイアリー/Diary

日々の授業の様子、わたし個人のどうでもいいネタなど


10/27

オンライ授業・動画配信サービスに向けて

 

コロナだけでなく、これからはインフルエンザも流行する季節。普通の風邪、インフル、コロナ、学校休業、塾休講・・・からの学業不振、学力低迷、課題の多重債務・・・もう、バカになる要素しかありません。

 

じゃ、オンライ授業や動画配信でいいじゃん?と考えるのが普通であり、実際そうするしかないわけですが、これまた課題山積です。まず、勉強(学力アップ)は「わかる」「おぼえる」「たしかめる」が基本の3作業ですが、多くのオンライン授業や動画配信では「おぼえる」に成果が期待できそうもありません。

 

というのは、他のページでも同じことを書いていますが、たくさんの要点を正確に記憶するためには技術的な支援やメンタルケアが不可欠です。特に、大人ほど人生経験がない小中学生にとって教科書内容をより分かりやすく言い換えたり、文章内容を視覚化したり、刻々と変化する理解度や集中度に応じて声掛けや口調などを変えながら説明する必要があります。ときには爆笑させ、ときにはシリアスになり、生徒の気持ちを上手くコントロールすることではじめて学んだことが体の奥深くに染み込みます。これは、1対1の個別指導はもちろん、一度に数十人、数百人を相手にする講義でも同じです。双方向コミュニケーションがないと生徒にとっては物凄く退屈な時間になり、指導側にも恐ろしいほどの孤立感が生じます(笑。

 

現在、多くのオンライン授業や動画配信サービスは、視聴者(生徒)にわかってもらうのが精一杯で、もっとも重要でもっとも手厚いサポートが必要な「おぼえる」については、学校の授業と同様、生徒に丸投げされています。このままでは「オンライ授業は理解できるけど、学力(点数)が伸びない」という悩みを抱えてしまいます。

 

今、この点を考慮したオンラインサービスを考えています。キミだけの動画配信&1対1オンライン個別指導、仮称「ONLY-U」(オンリー・ユー)、とか? ←しっかし、頑張って考えてこの程度だもんなぁ(笑

 

 

 

10/25

無料開放日

 

日曜日も勉強・・・? いいえ、いつも勉強する人にとって曜日の意識はほとんどありません。

 

とはいえ、もちろん勉強するよりも遊ぶほうが楽しいし、遊びたいに決まってます。それはみんな同じ。

 

楽しい気持ちになりたいから遊ぶ。幸せな人生を手に入れたいから勉強する。根本は同じなんですよね。

 

 

 

 10/24

実用的な英語力・・・実は超カンタン!

 

すでに英語が苦手になっていても、中1のレッスン1から順に和文英訳していくと、どこかでつまづき始めます。そこが英語苦手が始まったきっかけなので、そこから丁寧に教えてもらえば自然に英語ができるようになります。

 

そもそも、英語は単語以外に覚えることなんてほとんどありません。単語の並び順もたった1つしかないので、5文型ではなく1文型です。

 

しかし中学校の英語の授業を見学すると、どうでもいいこと(失礼!)に時間を費やし、サイレントeやリダクション&リンキングのような必須ポイントは教えないんですね。あれでは英語苦手になるほうが自然で、実用的な英語力まであと100万キロです!※地球←→月を往復しても77万キロ。

 

 

 

 10/22

冬期講習に向けて、まず決めること

 

紅はるかの焼き芋は毎年恒例なので確定。あとは汁物だ。

子供向けにとん汁か?いや、個人的な好みでモツ鍋とか?

うーん、これは大変重要な問題だ(←どうでもいい?笑)

 

 

 

 10/20

小学生も「1次方程式」へ

 

1対1個別指導で教えている6年生たちも、大部分の子が中1数学で”最大の山場”といわれる「1次方程式」に突入しました。中学校だと、方程式で数学の得意不得意がほぼ決まってしまいますが、その最大の決め手は「1次方程式」に進んでくるまでにどれだけしっかりと要点の復習指導をしてあげたか、という指導者のウデの良し悪しです。多くの中学校のように、概要を教えたらあとは生徒に丸投げ、次は定期テストでお会いしましょう、みたいな人でなし(失礼!)の指導ではついていけないほうが自然です。率直に言って、数学が苦手になる最大の原因は、指導者の生徒に対する配慮不足です。先生の優しさで伸びる教科、それが数学。というわけで、6年生たちは順調に生育中です♬

 

 

 

10/17

リスニング対策

今日の入試対策クラスでは、リスニング力アップに取り組みました。具体的には、スピーキング力アップのためのコツの説明と発話練習です。

 

リスニング対策なのにスピーキング練習?と思われるかもしれませんが、ここ40年ほど英語を実務で使ってきましたが、これ以上に効果的な方法は他にないでしょう。わたしがロシア語、スペイン語、イタリア語を覚えるときにも同じ方法を使ってきましたが、かなり効果的でした。

 

さて、スピーキング練習といってもカタカナが読めればOKなので超楽勝です。実際、終始笑いが絶えませんでした。よく「カタカナ表記では正しい発音が身につかない」などと言われますが、そんなことを真に受ける必要はありません。そもそも、スペルが正しく読めなかったらウンともスンとも言えません。文字が読めないから発音できないなんて・・・なんだそれ?(笑。実際、カタカナ表記がダメなのではなく、カタカナの使い方がダメ、つまり教え方がショボいのです(笑。

 

 

 

 

10/12

スピード暗記

暗記は「時間をかけて、じっくりやることでしっかり覚えられる」と言われています。その通り。

 

そこで今日は、むずかしい内容を、たくさん、究極の短時間でしっかり覚えられる「スピード暗記」を中3生たちに体験してもらいました。

 

覚える内容は英単語、大学入試レベルです! この目的は、大学入試に必要な英単語を今から覚えるのではなく、「暗記はスピードを上げてもよく覚えられる」ということに気づいてもらうためです。

 

この、大学入試対策では定番のスピード暗記に慣れてしまうと、ノロノロ覚えていた今までの自分がアホみたく思えます(笑 

 

 

初めて見る大学入試レベルの英単語10個を覚えるために与えられた時間は、わずか3分+2分=5分です。

 

さぁ、みなさんの結果たるや・・・お見事!

 

 

決してヤラセではありません。(笑

これくらいなら誰でもできます♬

 続く!

 

 

 

 

 

 

大きな変化がない人もいれば爆上がりの人も!
大きな変化がない人もいれば爆上がりの人も!

10/04

下野模試、でした

受験されたみなさん、お疲れさまでしたー! 手応え、どうでしたか? 中には解きにくい問題もありましたが、教科書レベルの基本問題がほとんどでした。「そうは思えん!!」という個人的な意見はあるかもしれませんが、教科書とワークだけで350〜400点くらい取れる普通レベルの問題です。「ウソだろっ!超ムズいんだけど. . .」という人も、効果的な勉強方法や暗記のポイントなどを教えてもらうことでさらなる点数アップができます! 実は、アナタが知らないオトナのヒミツがあるのです!!(笑

 

大きな変化がない人もいれば爆上がりの人も!
大きな変化がない人もいれば爆上がりの人も!

ところで、スクールソアラでは下野模試は即日採点、翌日には簡易判定。英語以外の4教科は遅くても模試終了時までにコピーをとって採点、返却。その日うちにガッカリかよ!・・・なんて言わずに、ファイト!ですよ(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/01

〜授業近況〜

小学生コースの英語は、これまでフォニックスや人称代名詞、be動詞を使う文章の肯定文・否定文・疑問文のパターン練習などを繰り返して基礎力強化に取り組んできました。10月に入り、いよいよ中1英語の教科書本文がスタートします。といっても、「英語の勉強」というのは単語をどんどん覚えること以外にやることがほとんどありません。文法学習などは全部捨ててOKです。英文法はそんな気持ち悪い指導をしなくても、もっと楽に楽しく、自然に身につく方法があります。このコースで目指しているのは、言語学者ではなく、実用英語が使える普通の人です(^_^;)

 

小学生コースの数学は、中1数学の教科書を使って先取り学習に取り組んでいます。ほぼ全員、文字式まできましたので、今月からは「1次方程式」に入ります。方程式は中2の連立方程式、中3の2次方程式を経て、高校の高次方程式につながる超重要な単元です。とはいえ、みんな、これまで不動の基礎力を積み上げてきたので楽勝です! 「反比例」まで先取りしたら、これまでに学んだ内容の総復習を行ってしっかり定着させます。年明けからは、理科と社会の先取りを始める予定です。これで、中学校のほとんどの教科がスムーズにできるようになります♬

 

中学生コースでは、1対1の個別指導の他に出席者の学年構成に応じた全体指導やグループ指導も併用しながら、各教科の要点指導や問題演習と解法解説などを行っています。数学の公式などは毎回のように指導して、回数を重ねることで自然に覚えられるようにしています。円錐の側面積 S=πlr、おうぎ形の中心角 θ=360(r/l)なども一度しっかり覚えてしまえば秒で解けるようになります。英社理も同じように「コレ忘れたら死にます」という重要ポイントの定着に力を入れて、出題範囲が広い実力テストなども追い込まれることなく、準備が整った状態で試験に挑めるようにサポートしていきます。